スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【魔物大陸】 その2

長く時間が空いてしまいましたが
敵AI作成の、ガジェット組みです。

前回ではアニメーションを組みました。
早速ガジェットに登録します。
ガジェットタグを押し、左のメニューから⇒新規作成 を選択します
小さい窓が開きますので、読み込みたいアニメーション名を選択。(主人公は手動設定)
これで、ガジェットの準備が出来ました。

主人公とガジェット(敵など)の違いは、左右を教えてあげないとダメなトコロかもです。
基本は、しっかり主人公の方を向かせることで、
流れイメージは↓です
魔物3_0
※クリックで拡大します

ここから発展させていくと・・・

【待機L】アニメからの能動派生は

【待機持続L】 タイミングをずらし、自然に見せるために
【移動L】    時間で待機に移行したり、ランダムで別行動したりと
【攻撃L】    その場で攻撃、空振っても気にしない
【ジャンプL】  前に飛びます。特殊行動的なカンジ

そして受動派生は
【振り向きL】  主人公の方を向くように。「待機R」へ移行します
【食らい】    立ち食らい、上吹っ飛び等、自分のゲームに合わせて
【死亡】     HPがゼロならば、しっかり倒します。
          ※その後消滅させないと、ゴミが残りますので注意!
魔物3_1

死亡以外、ちゃんと【待機】に戻せば、しっかり動いてくれます。
%を変える事で、攻撃的/保守的/適当 など自在に作れるのか!?
当然、左右反転の「R」も登録しないと行けない訳で、メンドクサイ!
でも、出来た後の嬉しさを思いながら(気持ちを誤魔化しなら)ガムバレー

何度もテストプレイして、自然な敵をツクってみよう!
スポンサーサイト
main_line
main_line
プロフィール

ドットゾーゲームズ

Author:ドットゾーゲームズ
■我々dot_zo_games は
enterbrainから発売の
【アクションゲームツクール】
を使用し!
ゲームを作るのか!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新コメント
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。